▼Category
▼Brands
▼Search
▼information
▼Members
facebooktwitter
▼Link
・ホーム 野田琺瑯 ホワイトシリーズ

一生モノの調理器具

料理は毎日するものだから、調理器具は、デザイン・機能ともに良いモノを選びたい。
やっぱり、これがいい!と思える商品をこれから定期的に紹介したいと思います。

ちなみに第一回目は、こちらです→


今回ご紹介するのは、琺瑯と言えば!野田琺瑯から、今年で10周年のホワイトシリーズ。

ホワイトシリーズは、野田琺瑯を代表する商品になっているので、
私は、このシリーズにも長い歴史があると思っていましたが、10年目なんです。

清潔感のある白色と、シンプルな形。見た目もそうですが、機能性が抜群。
この商品を一度使うと手放せないという、優れた商品です。
私も、使うたびに、やっぱりいいなーこの商品。と思いながら使っています。
そう、10年で代表作になる理由がこの商品にはあるんです。

じっくりとご覧ください。


◎下ごしらえで使う

                  

◎調理で使う

                  

◎保存で使う

                  






●知っておいて頂きたいこと

 ▼製品の特性
 ・本体は吊り金具で吊って焼成するため、縁の裏側にその跡が残ります。
  また、琺瑯の性質上、鋼板の切断部には釉薬がのりにくく、縁および表面に黒いスジや点が多少見られます。
  ご使用に支障はありませんので、安心してお使いください。

 ▼ご使用に際して
 ・直接火にかけることができますが(IHは不可)、電子レンジでのご使用はできません
 ・琺瑯は熱伝導率がよく、中火または弱火調理が可能で、経済的です。
  火にかける際は、炎が底面より大きくならないようにご注意ください。
 ・火にかけるときは、必ずシール蓋をはずしてください。
 ・底面が小さい容器をガス台に載せるときは、ぐらつかないように注意してください。
 ・火にかけた容器は、大変熱くなります。素手で触れるとやけどをしますので、ご注意ください。
  容器に触れるときは、必ず布巾などをしっかり当ててください。
 ・急激な温度の変化は、表面の割れ、破損の原因となりますので、ご注意ください。
  冷蔵から火にかけるときなどは、必ず弱火で温めてください。

 ▼お手入れについて
 ・琺瑯の表面はガラス質です。ぶつける、落とすなどの衝撃は表面の割れ、破損の原因となりますので、ご注意ください。
 ・金属タワシ、クレンザーなどの使用は、表面を気付つける原因となります。
 ・縁部や縁裏の吊り跡は錆びる可能性があります。洗った後は、水分を拭き取ってください。
 ・シール蓋は、漂白剤・食器洗浄機・乾燥機は使えません。
  また、手のつけられないよう温度のお湯で洗ったり、火のそばに置いたりすると変形することがあります。
 ・シール蓋は、素材の特性上、食材の色移りやにおいを吸着してしまう場合があります。



[並び順を変更] ・おすすめ順価格順新着順